• HOME » 
  • 人を知る

人を知る

社長の横顔

yokogao_title.png大切なことは「やってみる」という行動力と決断力。
新たな歴史を創り、10年後にはみんなと一緒に笑っていたい。

捕手として生きてきた16年の野球人生

phot000001.jpg

小学4年生から野球を始め、高校は川越商に進学、甲子園にも出場しました。明治大学を経て東芝府中で社会人野球を3年経験し、現在に至ります。

約16年間の野球人生のうち、そのほとんどで捕手をやっていました。一塁を守ることもありましたが、中学2年生のときの野球部の先生に「キャッチャーやれ」と言われ、 以来野球での"本業"は捕手です。

社会人野球を引退後、中学野球の指導者を目指し、働きながら教員免許も取得しました。少なくとも野球においては、 中学生のときにどんな指導者に出会うかで、その後の道が決まってしまう部分があると思います。

高校野球では、どこの学校にいても"甲子園"という大きな目標があります。 中学野球と高校野球ではこの点で大きな違いがあるのです。つまり"野球人生"という観点で見ると、中学から高校というのは大きなターニングポイントなのです。

このときに野球をあきらめてしまう人もいますし、続けていても中学時代に十分な準備ができていなくて力を発揮できない人もいます。周囲を見ていて、それは強く感じましたね。 私の場合は中学の先生のひと言で、捕手という野球での"天職"のようなものを与えてもらい、社会人まで頑張ることができました。 野球を志す子どもたちに、野球の素晴らしさやそのための体づくりなどを教えていきたいと思っていたんです。

  • 川越商で甲子園出場

しかしちょうどそのころ、父の会社が大きなプロジェクトを受注することになり、周囲のすすめもあって、父を手伝うことにしました。 これまで好きな野球を16年もやらせてもらい、感謝もしていましたし、その経験を野球以外の分野で活かしてみるのもいいのではないかとも考え、父の会社に入社したのです。

努力を続けている限り、可能性は生き続ける

野球から学んだことは多いですね。とくに「努力は裏切らない」ということ。これは野球を続けていく原動力にもなりました。 これはあるふたつ体験から、私の心に深く刻み込まれたものです。

ひとつはポジティブな体験。小学生のとき、頑張って練習に励んだ結果、関東大会に出場でき、この経験が「よし、中学校でも野球をやろう!」という後押しになりました。
しかし太っていた私は、このままではだめだと思い、自分でトレーニングを始めたんです。
すると体が引き締まり、筋肉もついてきました。体育の50m走ではいつもビリだったのが、トップになることもできたのです。体力も向上しました。 中学入学後、野球部には私よりも上手な選手はたくさんいたのですが、体力面では圧倒的に私のほうが上回っていましたね。 努力が実り、成果とともに自信を手に入れた体験です。

そしてもうひとつは少しネガティブな体験。大学の野球部に入りたての、まだ1年生の私にチャンスが巡ってきました。紺白戦(紅白戦)で捕手として使ってもらえたのです。 そこで結果を出し、東京六大学の春季リーグ戦でベンチ入りを果たします。1年生の中では私が最初でした。

ベンチ入りメンバーとなると、当然4年生の先輩方と一緒に練習をします。 ここにひとつの"壁"がありました。守備練習で先輩に向けてボールを投げるときは、先輩が"捕りやすい"ところに投げなければなりません。
少しでも外れてしまうと捕ってもらえないのです。体育会にありがちな"上下秩序"のひとつと言われればそうですが、そのときの私はそれがひどく面倒なことに思えてしまったのです。 捕りやすいボールを投げられるよう努力すればよかったのですが、私はそういう方向に向かわなかった。
反発してしまったんですね。そして努力を怠ったんです。
その後4年間、私はレギュラーになることはありませんでした。
いまから思えば、あのとき「なにくそ!」と向かっていく気持ちがあれば、結果は違っていたかもしれません。

もちろん努力は必ず実るものではありません。
しかしあきらめずに努力を続けていれば可能性は0.1%でも残ります。努力を完全に絶ってしまうとそれはゼロになるのです。 そのことを大学時代に学んだように思います。

"冷静さ"と"決断力"が経営に活かされている

捕手というポジションは、野手全員が見えますし走者もすべて視界に収まります。
相手打者の一番近くにいます。 この点でほかの8つのポジションとは少し異なります。
つまり"全体を見渡せる"位置にいるわけです。
この捕手の目を通した野球経験は、いまでも仕事に活かされているように思います。

まず、つねに冷静でいられるようになりました。 野球では、捕手があたふたしてしまったらそのチームは終わりです。甲子園に出場したときのこと。初戦で対戦したのは滋賀県の八幡商でした。
この試合中に雨が降り始め、投手の手が滑り、カーブがすっぽ抜けて暴投になってしまったことがありました。 このとき私は大いに動揺してしまい、その後カーブのサインを出しづらくなってしまったのです。
当然、配球は単調になります。 相手は甲子園の常連校、そこを見逃すはずはありません。
ホームランを浴び、私たちは初戦で甲子園を去ることになりました。
このとき慌てずに、冷静に判断していれば、結果は違っていたかもしれません。
この体験から、ピンチにも動じない精神力を身に付けるよう努力し、その結果社会人まで捕手でいられたのだと思います。

また「まずはやってみる」という思考法と決断力を得ました。例えば「打たれるかもしれない」「〇点入ってしまうかも」などと考えて、ためらっていては試合になりません。
打つのも打たれるのも確率の問題。まずは投手に投げさせることです。そのためには「この球でいく!」という決断も必要で、それは覚悟を決めること。
仕事でもいろいろな意思決定をする場面がありますが、そのときにあれこれ考えていても、なにも動きません。動かなければ結果は出ません。 結果はよくも悪くも次へのステップになります。まずは行動することです。

会社の歴史を語ることができ、なんでもやってみる人間になってほしい

わが社は38期目に入ります。まだまだ先は長いと思っています。
野球に例えると3イニング目くらいでしょうか。 それもリードされている状態の(笑)。
これからまだ山あり谷ありの状況が続くでしょうし、いまは"第2創業"という気持ちで臨んでいます。
10年後には、いまでは想像もつかないような状況にしたいと思っています。

社員たちには、社の歴史を創り、10年後にそれを笑いながら語れる人になってほしいですね。
いろいろな苦労もするでしょうが、それを笑い飛ばせるようになったときは、それはひとつの成功なのです。

そのためには、なんでもやってみることです。"やらない・できない"理由を探していてはなにも始まりません。
案ずるより産むが易し、行動してみることです。
そのために固定観念やそれまでの価値観や経験を一旦忘れ、いままでの自分だったら絶対にやらないだろうということにも積極的にチャレンジしてほしいですね。 体験してみないとわからないことはありますし、仮にうまくいかなくても学ぶことは多いはずです。 そこから得られた感性や感覚を、仕事に活かしていってほしいのです。

そのための機会を作るのは社長である私の仕事。
これからも社員たちにはさまざまな体験をし、自身を磨き、
一緒に会社を盛り上げて、そして10年後には一緒に笑って
ほしいと思っています。